当社の信州寄木細工は、このように作っています!!

当社の金属加工技術を、木材加工の製作に生かしてみました。

  • マグカップの作成をご紹介します
木材 複数の木材を使用します。
合わせ 長さを調節して組み合わせます。
重ね さらに重ね、専用器具で圧着します。
旋盤 旋盤し削って
磨き1 磨いて
塗装 塗装します。

磨き2 塗装と磨きの繰り返し。
取手
いろんな素材を使い取手も作成します。
マグカップ2 取手を取り付け完成です。
(写真のコースターは別売)
 信州寄木細工
印刷・プリントについて


   CLT(寄木細工)方式とは、、、
  (Cross Laminated Timber)
プリンター 木工製品の製作は、当社の長年培われた
金属加工技術で行います。
CLT方式(寄木細工)とは、直訳すると
「交差積層された木材」となり、
引き板を並べた後、繊維方向が直交するように
積層接着した木質系材料のことです。
厚みのある大きな板で、建築の構造材の他、
土木用材、家具などにも使用されています。
仕様プリンター:
マスターマインド
MMP813BT-F
 
これは木に文字やイラスト、写真などを直接印刷できる
プリンターです。
オリジナルの商品にも対応できますので、ご相談ください。
上記の写真の様に木材を組み合わせる事により、木目や木の肌触りを
感じ、しかも全て「見た目」が異なる面白い作品に仕上げることが
出来ます。


このように作っています→完成品はこちら
お手入れについてはこちら
ご注文、お問い合わせは→こちら